ニコニコ超会議2015への外国人参加者

      ニコニコ超会議2015への外国人参加者 はコメントを受け付けていません。

(旧個人ブログ http://yukihanyu.exblog.jp/23996910/ より引っ越し)

ニコニコ超会議2015行ってきました。2日間、両日共に朝5時半起きで←

最近はコミケに外国人がたくさん来ているという話を聞きます。では、コミケ並に「くーるじゃぱん」の発信源となりつつある「ニコニコ超会議」はどうなんでしょう・・・印象としては超会議3(2014)からかなり増えた感じがします。もっとも自分で見たり聞いたりできた範囲なので、サンプルが小さくて統計的には話にならないです。こういう個別事例があった、という程度で留めてくれれば十分です。

2014年:
・超音楽祭ですみぺ(上坂すみれ)がトークセッションで「ロシア人いるー?」⇒会場静まり返って微妙な雰囲気にwwwww
・踊ってみたステージで、司会が「北海道・沖縄から来た人、手を上げてー」の後、「じゃ、海外から来た人いるー?」の質問で、シンガポールから来たという男性が一人手を上げる⇒他の参加者「おおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ」

2015年(今回):
・この人(シンガポール人)と踊ってみたエリアで知り合う https://twitter.com/xk0sm0sx ←もしかして去年も来てた?
・「美しすぎるロシア人コスプレイヤー」にも出たコスプレイヤー、男女各2名、2日目に踊ってみたを中心に参加したいとのこと。結局参加したかは不明。(ソース:その本の著者)
・人ごみの中で西洋人で30歳前後のカップルか夫婦を目撃
・日本人の友人?につれられて超音楽祭の人ごみの中をくぐり抜ける中東・インド系の背の高い男性を目撃。「ヲ立ち台」の上で激しくヲタ芸を打ってていた集団を見て英語で「アレは何だ!?」と聞いていた。
・インド?東南アジア?ムスリム女子2名。ステージで踊るSUPER☆GiRLS、激しく動くヲタ芸師集団、あたりを闊歩するコスプレイヤー、その中にムスリム女子というシュールさ。今はシュールでも今後は当たり前の景色になるかもしれないです。

c0325521_23252577.jpg

ざっと見たところ、まだニコ超に関しては外国人参加者による英語での詳細なアフターレポートはあまり出回って無いようです。(少なくともコミケほどは) でもニコ超の運営のドワンゴも2014年12月、シンガポールで開催されたAFA2014でスペースを確保して「ニコニコ国会議」をやったり、「ニコ超」の海外輸出の動きをはじめています。あとはニコ超目当てに来日する人が本当に増えてくれるかですが、日本非居住の外国人にはハードルが高い今のチケット販売システムの改善はともかく、とにかく英語による詳細なユーザーレポートが待たれます。