Airbnbで居合わせた中国人(日本語英語ほぼ☓)とヲタ語で会話してた件

      Airbnbで居合わせた中国人(日本語英語ほぼ☓)とヲタ語で会話してた件 はコメントを受け付けていません。

4/29-30、ニコニコ超会議に行ってきましたが、横須賀から幕張メッセは遠いので前泊しました。安いという理由でまたAirbnbで

その日の宿には、中国人二人組も泊まっていました。一人は背が高めのカリアゲ君、もう一人は少し低めのスポーツ刈りメガネ君でした。

21:00ぐらい、自分が泊まる部屋で次の日(ニコ超1日目)に向けて踊り練習をしていると、ドアノックが聞こえ、「先にシャワー使っていいか?」と聞いてきました。

あ、話が通じる類の人だヽ(・∀・)ノ

その後しばらく練習して、自分がシャワー入りに行きました。そしてシャワーから出て歯磨きも終えたところ、カリアゲ君とメガネ君が明日行くところ?を決めようとあれこれ話していました。

そこで「旅行ですか?」みたいなユースホステルっぽい質問をすると、
・北京から来た
・14日間の旅程

とのこと。そこでこっちは「ニコニコ超会議行く」を説明しようにも…いきなり言っても相手は日本語英語ほぼ☓、説明できるのか相当不安だったので、まずは「ビリビリ動画を知っているか?」と聞きました。

知っているとのこと。なら話が速い。

「それの日本バージョンでニコニコ動画が」

「あ、niconicoね、知ってる。」

もっと話が速い。

「明日はそこの大きなお祭り、「超会議」があって、そこに行くつもりヽ(・∀・)ノ」
※ニコニコ超会議の英語名はNiconico Chokaigi、ローマ字そのままです。

すると片方のメガネ君の方がニコ超を知っていた模様、もうカリアゲ君に説明してました。
「ニーコー・ニーコー・チャオ・フイ・イー」 多分これ、ニコ超の中国語読み。

こうなるとヲタ話が通じる可能性が高いなと思いました。

「ところで今期は何のアニメ見てる?エロマンガ先生?」
(What are you watching this season? Ero-manga sensei?)

と聞いたら、「エロマンガ先生」という固有名詞に反応、やっぱ見てた(笑 こっち側の人間で決定。

そして先期は何のアニメを見ていたかの話に。

うちが何見てたか聞くと、
「BORUTO」と。
あー、見てなかった…(´・ω・`)
「ドラゴンメイド」
カンナちゃーーん
「あ、アクア・・・・、コノ・スバ」
めぐみん・エクスプロージョン!
「wwwwww」
そういえばめぐみんとエミリアたんはSEIYUUが同じ
「リゼロwwww」

色々話を聞いてみると、以前もC89の時に来日してたそうです。超会議は行ったことないけど、例大祭のために来日したこともあるとか。完全にガチ勢でした。

相手は日本語も英語も☓から△というところ、それでも相当(ヲタ)話ができました。

“WAIFU”は通じなかったけど”2D girlfriend”は通じたり、概念は通じていて、あとは用語の選択の問題です。特に中国語だろうと英語だろうと、固有名詞やヲタ系の流行語は同じで通じるはずです。

これまで「文化圏」は「言語圏」で区切られていましたが、「ヲタ文化圏」はどうも様子が違う感じがしています。もちろんスターウォーズ好きやディズニー好きも世界中にいますが、コンテンツとファンの幅と厚みと深さで比べると、どうなんだろうという印象は抜けません。

最後に一緒に記念写真を撮り、各々部屋に戻りました。
そんなほっこりしたニコ超前夜、「明日は遠足」状態で眠れず…

次の日、二人組は早朝から出発しました。
(もしかしてそのまま幕張メッセ行った???(;´д`)